株式会社が資金調達のために発行する社債には、株式に転換できるものがあります。それが転換社債(CB)とワラント債です。

転換社債は、当初は社債として発行され、一定期間が経過した後に、あらかじめ決められた「転換価格」で株式に転換できる社債です。

転換社債は発行時に購入して償還される日まで保有して利息を得ることもできますし、株価の変動を利用して株式に転換しより有利な運用を図ることもできます。

転換社債はそれ自体が証券取引所で取引されますので、発行した会社の株価に連動して価格が上下します。

株価の下落に伴って転換社債の価格が下がったとしても、時価で買って額面価格との差額を得ることもできます。